どうすればいいの? 8〜15歳の子どもとの関係

まだまだ小さな子どもたち。
でも、いつかは訪れる思春期に向け、子どもも自分も心地よい関係を育みたい人に向けた勉強会です。

最近子どもとの会話がなんだかぎこちない・・・
子どもとのコミュニケーションに不安や戸惑いを感じてしまう・・・
ありのまま子どもを認めるってどうしたらいいのだろう・・・

講師 高垣忠一郎さん
臨床心理学者/登校拒否・不登校問題全国連絡会世話人代表/元立命館大学応用人間科学研究科教授
大学教員生活にさようならをしたのちは、フリースタイルな心理臨床家として、隔週に一回病院の精神科でカウンセリングをしながら、主に不登校、ひきこもり問題にかかわって全国を走り回っている。
また京都教育センターの代表として、昨今の教育課題をめぐる研究と運動に関わる。

思春期の子どもをあるがまま受け止める関わり方_________________________________________________________________________________________________________________________

◆開催日時
第1回 11月28日(火) 10:00〜12:00
『思春期の子どもをあるがまま受け止める関わり方 1』
〜わたしがわたしであって大丈夫〜

第2回 11月29日(水) 10:00〜12:00
『思春期の子どもをあるがまま受け止める関わり方 2』
〜「こんな自分でもいいんだ!」と思える子どもとのコミュニケーション〜

◆対象者:思春期のお子さんの保護者  テーマに関心のある人
◆定員:先着50人
◆参加費:無料

◆主催・会場:城陽市男女共同参画支援センター ぱれっとJOYO

*ご来場には公共交通をご利用ください
FAX・メールでの申込の場合は、件名「コミュニケーション編申込」、名前、性別、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレスを記載してください。なお、FAX・メールでのお申し込みの場合は、こちらからの連絡受信後、受付完了となります。

申込期間:9月2日(土)〜11月22日(水)
◆申込方法・問い合わせ先
電話:0774−54−7545  FAX:0774−55−5601
E-mail:palettekoza@city.joyo.lg.jp

 

 

どこいこキッズ
京都ぱどフェイスブックページ
京都ママの家.com
企業の方へ